【マネーフォワード】Amazonとなぜ連携できないのか解説!

確定申告

「登録したはずなのにAmazonと連携されてない!」

「これじゃ収支の把握ができない・・」

こんなことを悩んでいませんか?

家計管理や確定申告のためにマネーフォワードを登録したのに、Amazonの連携が上手くいかないと困りますよね。

本記事ではマネーフォワードとAmazonが連携できない時の解決策について「家計簿アプリのマネーフォワードME」「会計ソフトのマネーフォワードクラウド」のそれぞれの対処法をご紹介します。

家計簿アプリマネーフォワードMEでの対処は?

まずはマネーフォワードMEでの対処法をご紹介します。

【対処法①】二段階認証確認の設定

家計簿アプリ「マネーフォワードME」がAmazonと連携できない原因の一つに「二段階認証確認の設定」がされていないケースがあります。

表示されたエラーメッセージが「2段階認証確認が完了していません」の場合、Amazon.jpサイトのセキュリティ画面で二段階認証の設定を行った上で、手動更新を行ってみて下さい。
  
設定方法は以下のとおりです。

設定方法

1. アカウントサービスからログインとセキュリティを選択します。
2. 2段階認証の設定の横にある編集を選択
3. 開始するを選択。
4. 画面の指示に従って進めます。

〈以下引用〉 https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=202025410

【対処法②】パスワードの再設定

マネーフォワードMEの更新で「二段階認証の有効」を拒否した場合、パスワードの再設定を要求されるケースがあります。
   
表示されたエラーメッセージが「パスワードの再設定が必要です」の場合、Amazon.jpサイトでパスワードを再設定・マネーフォワードMEで新しいパスワードを再入力の上で、手動更新を行ってみて下さい。

設定方法は以下のとおりです。

設定方法

1)Amazon.co.jpのサイトでパスワードを再設定する
 参照:パスワードの再設定(Amazon.co.jpサイト)https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=GH3NM2YWEFEL2CQ4
2)再設定したパスワードでAmazon.co.jpサイトにログインが可能か確認する
3)マネーフォワード MEでAmazon.co.jpのログイン情報を再入力し、更新する
4)2段階認証が要求されたら許可をする

〈以下引用〉
https://support.me.moneyforward.com/hc/ja/articles/9579245636505-Amazon-co-jp%E3%81%8C%E3%82%A8%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%81%A7%E9%80%A3%E6%90%BA%E3%81%8C%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%AA%E3%81%84%E5%A0%B4%E5%90%88

【対処法③】画像認証を行う

初めて自動取得を連携する場合やID・パスワード変更によりログインに失敗した場合、画像認証などの追加認証が求められるケースがあります。

表示されたエラーメッセージが「画像認証をしてください」の場合、連携が完了となるまで画像認証の内容を入力・更新を行ってみて下さい。

会計ソフトのマネーフォワードクラウドでの対処は?

マネーフォワードクラウドの場合、専門のサポートサイトで対処、不具合を解消していますので、以下該当する事象に合わせて 【対応方法】に記載の方法を行ってみて下さい。

【対処法①】連携できない場合

【事象①】マネーフォワードクラウドにおけるAmazon連携の不具合

・「Eメールアドレス」「パスワード」は一致しているのに連携できない
・連携に成功していても、その後更新すると再度連携エラーになる

 【対応方法】
  
〈以下引用〉
https://biz.moneyforward.com/support/account/news/operation/20200205-2.html
「現在一時的に利用できない状態となっています。今しばらくお待ち下さい。」というエラーメッセージが表示された際は、お時間をあけて再取得の操作をお試しください。

連携エラーが続く状態で、すみやかに仕訳登録をご希望される場合は下記2点をご検討ください。
(1) CSVを入手し、明細のインポート操作を行っていただく
(2) Amazon.co.jp および Amazon Business の決済に用いているクレジットカードや電子マネーを連携し、仕訳にご利用いただく

【対処法②】同じ注文番号の明細が重複して取得される場合

【事象②】マネーフォワードクラウドにおけるAmazon連携の不具合
 
Amazon.co.jp(出品者アカウント)とのデータ連携において同じ注文番号の明細が重複して取得される
【対処】
同じ注文番号の明細を複数取得した場合、仕訳の重複を防ぐために2022年5月13日より以前に取得した一部明細の金額を「0円」へ自動的に変更。
【対応方法】
   
〈以下引用〉
https://biz.moneyforward.com/support/account/news/important/20220607.html

金額が0円に変更された明細がすでに仕訳登録済みの場合「マネーフォワード クラウド会計・確定申告」のトップページにその明細が紐づいている仕訳の取引No.が表示されます。

20220420_01

トップページに取引No.が表示されている場合は、以下のガイドをご参照のうえ、仕訳の削除と、仕訳の削除後に「0円」と表示された明細については「対象外」登録をお願いいたします。

Q.「登録後に入出金(売上データ)の内容が変化した仕訳があります。」と表示されています。対処方法を教えてください。

なお、仕訳を一括削除することも可能です。
一括削除を希望される場合は、以下のガイドをご参照いただきますようお願いいたします。

「帳簿管理」機能の使い方>仕訳一括削除

マネーフォワードME・マネーフォワードクラウドがおすすめの理由

家計簿アプリ「マネーフォワードME」・会計ソフト「マネーフォワードクラウド」共に非常に人気の優秀なアプリ・ソフトです。

個人の方向けの「マネーフォワードME」

・無料プランがある手軽さ
・画面の見やすさ、使いやすさ
・連携できる金融機関・サービスの豊富さ

など、利用者の人気が高く「家計簿・資産管理アプリで利用率NO.1」に輝いています。

法人・事業主の方向けの「マネーフォワードクラウド」

・銀行口座やカードを登録するだけで取引明細を自動取得
・法令改正や税率変更の際のアップデートが全て無料
・日々の仕訳入力から、誰でも簡単に決算書を自動作成 

サービスが充実していて、「時間がかかりすぎる」「手間がかかる」「効率化したい」という経理業務でのさまざまな悩みに答えてくれるソフトです。
  
また、現在「クラウド会計始めようキャンペーン」を行っており、2022年10月31日までにお申し込みの方はAmazonギフト券最大50,000円分のプレゼントがあります。

使いやすい!便利!と評判のマネーフォワードクラウドをお得に始めるチャンスです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はマネーフォワードでAmazonと連携できない場合の解決策についてご紹介しました。出てきたエラーメッセージや事象に合わせて、おすすめの対処法を試してみて下さい。しっかり使いこなして、より適切な家計簿入力・記帳業務遂行のお手伝いになれば嬉しいです!

この記事を書いた人

Money Lab Tokyo 代表。武田FP事務所は3期目を迎える。慶應義塾大学理工学部卒の24歳。ファイナンシャル・プランニング技能士3級。学校では習わないお金の”ルール”を発信しています。

FPたけだをフォローする
確定申告
Money Lab Tokyo
タイトルとURLをコピーしました