キャバクラで確定申告は必要!扶養から外れないために103万円の壁や副業についても解説!

確定申告

高収入といわれるキャバクラ嬢。

お洒落や美容にもっとお金をかけたいと思う女性や短期間でもっと稼ぎたい人なら、一度は働いてみようと考えたことがあるのではないでしょうか。

しかし、初めてみたはいいものの 雇用形態や確定申告などの仕組みがよくわからない…という人は多いです。お店から現金でもらっているから、アルバイトとしてやっているつもりだから、確定申告はしなくていい?実はそんなことはありません。

この記事では、扶養されている大学生や副業として働きはじめた人へ、家族や勤務先にバレないよう、上手にやりくりする方法をお伝えします。

キャバクラで確定申告は必要なの?

アルバイトや会社員のような”雇用者”という立ち位置ではない場合が多いため、基本的には確定申告が必要です。

自身の収入が、雇用契約を結んで給与として支払われているのか、業務委託の報酬として支払われているのかによって異なります。よく確認していきましょう。

①給与収入の場合

キャバクラ店と雇用契約を結んでいる場合には、確定申告は必要ありません。

しかしこれは少ないケースです。⑴と⑵について確認することをお勧めします。

 ⑴ 給料明細をみて、雇用保険料等の源泉所得税が減額された上で支払われていること

 ⑵ 年末調整をやっていること

年末調整済みかどうかを確かめるためには、年末に支給される源泉徴収票が必要です。受け取ったら、所得控除の額を確認しましょう。0円と記載があると、年末調整を行なっていないことになります。

また、年の途中で退職すると年末調整を受けられないケースがあるため、その場合は確定申告が必要になります。

退職先から源泉徴収票をもらって、自身で確定申告をしましょう。

②業務委託の場合

キャバクラが本業であり、1月1日から12月31日までの年間所得額が48万円以上の場合は、確定申告が必要です。

ただし、この年間所得額とは『収入 ー 経費(勤務前の髪のセット、衣装、他)』のことをいいます。

経費としてかかった料金分の領収書は、きちんと保管しておきましょう。

また副業としてキャバクラで働いていて、本業以外の年間所得額が20万円を超える場合も確定申告が必要です。注意してほしいのは、扶養されている学生で これに当てはまる場合です。

年間所得額が48万円を超えると、扶養から外れてしまうだけでなく、確定申告が必要となります。親に絶対バレたくない人は、年間で48万円を超えてしまわないようにシフトを調整しましょう。

③現金手渡しかどうかは関係ない!

報酬が手渡しであったとしても、収入に見合った税金の支払いは義務のため、確定申告は必要です。業務委託で現金手渡しならバレないのでは?といった話もありますが、可能性はゼロではありません。

無申告であることが税務署にバレると、払うべき税金に加えて延滞税が加算され、のちに高額な支払いが必要になるケースがあります。

バレないだろうと思っていても、税務調査は過去5年まで遡ることが出来るため、今後キャバクラ店に調査が入って芋づる式に脱税を指摘される可能性もあります。

また、確定申告をすることで払い過ぎた税金が戻ってくる場合も。確定申告の仕組みは知っておくと良いでしょう。

大学生がキャバクラで働いて扶養から外れる条件は?

学生である場合は、一人暮らしか実家暮らしかに関わらず、親などの扶養に入っていることになります。

扶養から外れてしまうと税金や保険などのルールが変わり、金銭面でのデメリットも発生しうるため、注意が必要です。よく確認していきましょう。

①扶養から外れる条件は?

1月1日から12月31日までの給与収入が、下記の⑴〜⑶に当てはまると、扶養から外れてしまいます。

扶養から外れると親にバレるだけでなく、金銭的にもデメリットがあります。よく確認していきましょう。

 ⑴ 雇用契約のアルバイト代が年間で103万円を超える

   ※ 掛け持ちや年の途中で辞めたアルバイトの給与と、現金手渡しでの給与を含む

 ⑵ 業務委託に該当するキャバクラでの年間所得額が48万円を超える

   ※ 年間所得額 = 収入 ー 経費(勤務前の髪のセット、衣装、他)

 ⑶ ⑴から55万円を差し引いた金額と、⑵の合計が48万円を超える

   ※ この55万円は給与所得控除のことで、雇用契約の場合はアルバイトであっても適用されます。

合計の収入をきちんと把握しておくことが大切です。給与明細や経費となる領収書は、出来るだけ手元に保管しておきましょう。

経費の対象になるものは、お店に出退勤する際のタクシー代や出勤時の衣装代、アフターの飲食代などです。

クレジットカードの明細も経費の証拠になるため、領収書の保管が面倒な人は、経費となるものはなるべくクレジットカードで支払っておくとよいでしょう。

②扶養から外れるとどうなる?

扶養から外れてしまうと、親などの扶養者にかかる税金や保険料が増えて家庭内トラブルになったり、収入が103万を超えたことが家族にバレてしまいます。キャバクラで働いていることを隠している場合には、詮索される原因にもなるため注意しましょう。

扶養には2種類(税務、社会保険)あり、扶養から外れる条件は下記のようになります。

 ⑴ 雇用契約のアルバイト代が年間で103万円を超えた場合

   → 扶養者(親)から徴収される税金が増える

   → 確定申告が必要となり、自身の収入から所得税(超えた金額の5%)を徴収される

 ⑵ 雇用契約のアルバイト代が年間で130万円を超えた場合

   → 社会保険料を支払う必要がでてくる

 ⑶ 業務委託に該当するキャバクラでの年間所得額が48万円を超える or [雇用契約のアルバイト代ー55万円+業務委託の年間所得額]が48万円を超える

   → 扶養から外れ、確定申告が必要になる

知らないまま働き始める学生も多いはず。扶養から外れてしまうとデメリットも多いので、理解して上手にやりくりしましょう。

また、確定申告なんてわからないからと放置せず、簡単にWebやアプリで申告できる方法もあります。

おすすめのやり方は後述しますので確認してみてください。

副業がキャバクラのOLは確定申告は必要?

夜職はバレないからと聞いて、副業としてキャバクラで働き始めたけれど 理由はよく知らない…。そんな人は要注意です。

雇用契約を結んでいなくても、住民税の金額でバレる可能性があります。上手くやりくりする方法を確認していきましょう。

①確定申告は必須です!

業務委託としてキャバクラで働く場合でも、確定申告が必要です。年間所得額が20万円以下であれば申告はいらない。という話もありますが、これは所得税においてのケースで、住民税については金額に関わらず申告が必要です。

確定申告を行う期間は、翌年の2月16日から3月15日です。期限後の提出でも受付してもらえますが、いくつかのペナルティ(加算税や利息)が発生します。早めに準備しておくことが大切です。

②昼職の会社にバレないためには?

昼職(本業)の会社にバレる原因は、住民税の増額です。住民税は、本業と副業を合わせた収入に応じて変動します。

住民税の合計金額が役所から昼職の会社に通達され、給与天引きとなる住民税が増えるため、副業からの収入があるのでは?と会社にバレてしまう可能性があるのです。バレないためには確定申告を行って、住民税を特別徴収から普通徴収に変更し、自分で納付する必要があります。

またキャバクラ店と雇用契約を結んでいて、給与所得として収入を得ている場合は、本業にバレる可能性が高くなります。雇用形態については働き始める前に確認しておくことが重要です。

③おすすめの確定申告のやり方は?

確定申告は会計ソフトを活用して行うことがおすすめです。

ここから先は下記のおすすめ会計ソフト、マネーフォワード、フリー、弥生会計について比較していきます。比較しやすいように基本的な項目の比較表を下記に記しています。

マネーフォワードfreee(フリー)弥生会計
価格年間11,760円年間11,760円初年度無料
(次年度8,000円)
機能スマホで確定申告書類作成スマホで確定申告書類作成
実績16年連続売上NO.1
無料試用期間1ヶ月30日間1年間
サポートチャット・メールチャット・メール電話・チャット・メール

3つの会計ソフトについて1つずつ説明していきます。ご利用の参考にしてみてください。

①Money Foward(マネーフォワード)

マネーフォワードは、スタンダードプランで年間11,760円で利用することができます。

個人事業主の方に必要な青色申告、白色申告どちらにも対応しています。
青色申告では、最新の青色申告特別控除にも対応しており、確定申告書類は自動で出力されます。
白色申告、青色申告の両方に対応した決算書も自動で作成できます。
また、スマホでの確定申告書類の作成ができ、スマホで確定申告が可能です。

仕分けにおいては、3000以上の金融サービスと連携しており、明細を自動で取得することができ、AIが取得した明細をもとに学習し、仕訳を提案してくれます。ですので入力の手間は最小限で済みます。
確定申告が初めての方でも安心の学習ページがあり、チャット・メールに対応したサポート体制もあります。

サポート満足度は95%(2020年6月マネーフォワード調べ)と高く、マネーフォワードを熟知した税理士を紹介してくれるサービスもあるので、いざという時に頼りになります。また、様々な所得や控除に対応しており、経費精算や請求書の発行も追加費用なしで利用可能です。日々の収支がリアルタイムで可視化できるので、収支や経営状態などすぐに確認できます。

1ヶ月間の無料試用期間があり、試しに利用してみるのもお勧めです。

②freee(フリー)

フリーは、スタンダードプランで年間23,760円の利用料がかかります。マネーフォワードより比較的高いランニングコストです。マネーフォワードと同様にスマホで確定申告に対応しており、経理にかかわるあらゆる業務をカバーできます。

別サービスでは、人事労務フリーと連携することにより、勤怠や給与計算も可能です。あらかじめ設定した社内ルールやAIの判断で自動仕訳・記帳を行います。ダッシュボードを見れば、一目で財務状況の確認ができます。また、フリーの最大の特徴は、経理に不慣れな初心者の方でも安心のシンプルでわかりやすい会計ソフトである点です。ソフト内での会計用語が少ないので初心者の方でもすぐに使えます

わからないことがある時は、サポート満足度94.1%(2016年8月)のカスタマーサポートがあり、特にチャットサポートではリアルタイムに回答が得られます。フリーの認定アドバイザー資格をもつ税理士の紹介を受けることもできるため、手厚いサポート体制があります。

無料試用期間は30日間となっています。

③弥生会計

弥生会計は多くのサポートがありますが、個人事業主の方がよく使用するのは、「やよいの白色申告オンライン」と「やよいの青色申告オンライン」の2つでしょう。やよいの白色申告は永年無料で利用でき、やよいの青色申告オンラインは初年度無料、次年度からは8,000円の利用料がかかります。

マネーフォワードやフリーと比較すると、低価格で利用できます。マネーフォワードやフリーと比較してみると、スマホでの確定申告はできませんが、簿記の知識がない初心者でも利用しやすい会計ソフトとなっており、23年連続売上No.1の実績を誇ります。個人事業主の56%は弥生会計を使用しており(2020年「クラウド会計ソフトの利用状況調査)、個人事業主の強い味方となっています。記帳がメインの機能となっており、主な機能は、帳簿付け、集計・レポート、確定申告などです。

見積書や請求書発行には別途サービスが必要となっています。業界最大規模のカスタマーサポート体制があり、他の2ソフトと比較すると唯一電話サポートが利用できます。直接会話して質問できる、不明点の解消につながるでしょう!

まとめ

キャバクラ嬢は一般的なアルバイトとは異なる雇用形態が多く、高収入であるために 確定申告が必要なケースがほとんどです。確定申告は手間がかかるように思うかもしれませんが、一度やってみると意外と簡単です。

払い過ぎた税金が戻ってくるケースもあるので、お金の勉強と考えて実践してみるといいでしょう。また、扶養に入っている学生は特に、年間の収入金額に注意する必要があります。これを知らないと、家族などに迷惑がかかる可能性もあります。

曖昧な情報にまどわされないよう気をつけましょう。

この記事を書いた人

Money Lab Tokyo 代表。武田FP事務所は3期目を迎える。慶應義塾大学理工学部卒の24歳。ファイナンシャル・プランニング技能士3級。学校では習わないお金の”ルール”を発信しています。

FPたけだをフォローする
確定申告
Money Lab Tokyo
タイトルとURLをコピーしました