【2022年最新版】はじめての確定申告のやり方を紹介!

確定申告

いよいよ確定申告が始まる時期になりましたね!
2022年は確定申告の延長を申請した人のみ4月15日まで申告が延長されましたので、対象の方は急いで申告延長の申請をしましょう!
申告延長をしたい方は下記をチェックです!

2021年分の確定申告、期限延長するには? 申請書に記載必要 | ツギノジダイ
 2021年(令和3年)分確定申告について、国税庁は新型コロナの影響で申告が難しい人に向けて、申請書の余白に書き込むなどすれば、2022年(令和4年)4月15日まで申告・納付期限を延長できるようにしたと発表しました。申請方法別に記入例を紹…

さて、今回は初めての確定申告だという方向けに、他のサイトではありそうでなかった基礎 of 基礎のわかりやす~い確定申告の流れと必要書類をお伝えします!

1. 確定申告の流れ

「確定申告をする」とは、大きく3つのフローで構成されています。

①帳簿を作成する

②申告書類を作成する

③税務署へ申告する

の3つで確定申告は完了です。
ここで多くの方がつまずくのは「①帳簿って何?」ってところですよね。
僕も、大学の会計の授業で聞いたことがあるような。。。ないような。。。。
レベルだったのでわからない方も安心してください!

ずばり、帳簿とは
1年間のお金の流れを記載して、収入と経費をまとめよう!
というものです。

例えば、
2021年10月5日 / 接待交際費 / 10,000円 / 取引先の〇〇さんと会食
のようにに記載します。

仕分けと言われる作業は、年間の収支を上記のように明記しておくことを指します。
帳簿は7年間の保存義務がありますので、きちんと管理しておきましょう。
帳簿自体作成していない個人事業主は税務調査の時に
「経費が全額認められない可能性」
があります。

一般的に簡易だとされている白色申告の方はexcelでまとめあげることをおすすめします。
一方で、複式簿記の知識が必要で難しいとされる青色申告の方はマネーフォワードなどの会計ソフトを導入すると効率よく仕分けができるでしょう!
(白色申告、青色申告の違いは別途まとめます!)

①の作業を代行してくれる記帳代行業者も近年で税理士業界のトレンドなので、安く楽に済ませたい方は依頼しても良いかもしれませんね!

2. 必要書類

②の申告書類はe-taxを活用すると早く確実に作成することができます。
必要書類は以下の通りです!

【白色申告】
・収支内訳書・確定申告書

【青色申告】
・確定申告書B・青色申告決算書

ここでは名前だけお伝えするので、いつか書類の意義もまとめます!
右も左もわからない確定申告が初めての人は、税務周りに詳しい方へ

「白色申告したいんだけど、帳簿と収支内訳書、確定申告書の作り方を教えてくれない?」

と聞けばOKです!
なんかわかっているなこいつ。と次にすべきことを教えてくれるでしょう!

まずは周りで税に詳しそうな人や、確定申告経験のある方に聞いてみましょう!

この記事を書いた人

Money Lab Tokyo 代表。武田FP事務所は3期目を迎える。慶應義塾大学理工学部卒の24歳。ファイナンシャル・プランニング技能士3級。学校では習わないお金の”ルール”を発信しています。

FPたけだをフォローする
確定申告
Money Lab Tokyo
タイトルとURLをコピーしました